名刺データの一括書き出し(iPhone版)



「hureco」で取得したデータは[一覧表示]画面から一斉書き出しする事ができ、ビジネスシーンでたくさんの名刺交換をした際に、表計算ソフトにまとめて書き出せて、たいへん便利です。その方法は次のように簡単な2ステップ!

(1)「hureco」の[一覧表示]画面を開いて、画面左上のシェアボタンを押す。

シェアボタンは[一覧表示]の左上にあります。

(2)自分が使いたい表計算アプリを選択する。
 シェアボタンを押すと、画面下から書き出し先を指定するためのアプリ候補が表示されますので、自分が使いたいアプリを選択します。お薦めは標準アプリの「Numbers」です。

画面下から出てくる候補から表計算アプリを選択

 以上の操作で、表計算アプリに氏名や電話番号、住所といった情報をCSV形式で指定のアプリに書き出す事ができます。名刺データの件数が増えてきたら、データ保存の観点からも是非一度書き出しをしておきましょう。

<-BACK